Isao Endo  遠藤 功

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

早稲田大学大学院教授、株式会社ローランド・ベルガー会長を務める遠藤功のプロフィールを紹介します

講演活動についての概要を紹介します

『現場力を鍛える』『見える化』など、遠藤功の書籍を紹介します

各種メディア、各種媒体での掲載とその概要を紹介します

一流のビジネスパーソンを目指す人のための総合型ビジネススクール「カラーズ・ビジネス・カレッジ」を紹介します

「現場学」を研究し、強い現場づくりを目指す遠藤研究室を紹介します

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

連載コラム「現場通信」

Weekly現場通信 vol.100 留学生向けクラス

[2012-02-20]

 このコラムもお蔭様で100回を向かえました。毎週私の近辺で起きたこと、考えたことをお伝えするだけのコラムですが、毎回読んでいただける皆さんがいることが励みになって、ここまで続けてくることができました。今後ともこのコラムをよろしくお願いします。
 先週は月曜から金曜まで、早稲田大学ビジネススクールの留学生向け集中授業にかかりっきりの1週間でした。科目名は「Operation Strategy」。経営におけるオペレーションの役割、重要性、つまり「現場力」について学んでもらう授業です。
 今回の受講生は9ヶ国、26名。韓国、台湾、中国、タイ、インドネシア、モンゴル、ウズベキスタン、英国、そして日本。アジア中心ですが、アジアだけでも多様性溢れる面々が揃いました。

 5日間の内、2日間は現場訪問に使いました。オペレーションを教えると言っても、現場そのものを見たことのない留学生が大半です。「現場とは何か?」を体験させなければ、オペレーションの本質を教えることはできません。そのため、留学生を引き連れて生の現場に赴き、自分の目で見て、自分の耳で聞き、自分の肌で感じることを大切にしています。
 とはいえ、最近は工場見学などの「現場見学」が一種のブームとなっていて、以前に比べると予約をとるのがとても難しくなってきました。小学生などの社会勉強に加えて、「大人の社会見学」と称する“観光”的なものも増えています。今回も秘書の山下さんに3ヶ月も前から予約をとるのに奮闘してもらいました。
 現場訪問1日目は、以前このコラムや「現場千本ノック」でも紹介した、TESSEIこと鉄道整備株式会社と日本航空(JAL)の羽田整備工場を訪問しました。TESSEIでは「新幹線劇場」と呼ばれる「7分間の魅せる清掃」やおもてなしの心溢れるお客様対応を目の当たりにして、学生たちは興味津々。TV東京の「ワールドビジネスサテライト」の取材ともぶつかり、何人かの学生はインタビューを受けていました。JALでは巨大な飛行機を間近で見るチャンスに恵まれ、記念写真の撮影に大忙しでした。

 2日目は横須賀市にある日産追浜工場へ。話題の電気自動車「リーフ」などを生産する混流ラインを見て、日本のモノづくり力に感嘆。「リーフ」のミニチュアカーをお土産にもらい、大喜びでした。今回の現場訪問はたまたまですが、鉄道、飛行機、自動車という三大乗り物の現場ということになりました。
 追浜工場の帰りがけに横浜中華街に寄り、全員で懇親会。中華料理をたらふく食べ、ビールや紹興酒で大いに盛り上がりました。英国からの留学生Benは、畳の正坐が苦手で、子供用の小さな椅子を借りて座ることに・・・。王座に座る王様のようで、「キング」と命名。照れまくっていました。楽しいひとときでした。
 この5日間はずっと英語漬け。現場見学のアレンジやアテンドなど大変なことも多いのですが、留学生たちの目が輝き、熱心に勉強する様子を見ると、やってよかったといつも思います。来年のこのクラスではどこに連れて行こうか、今から頭を悩ませながら、私自身も楽しみたいと思っています。

[今週の出会い]

 以前にもこのコラムでご紹介したことのあるBCG時代の同僚、田崎正巳さんが結婚しました。お相手はうら若きモンゴル人のアザーさん。2年前までモンゴル国立大学の客員教授を務めていた時に、知り合ったそうです
 そのお祝いの場を、同じくBCGの同僚、三谷宏幸さんが自宅でしつらえてくれました。当日はBCG時代の仲間10人以上が集まり、大いに盛り上がりました。私がBCGに在籍したのは、約20年も前。今でもこうして交流があるのは、本当に有難いことです。
三谷さんはノバルティスファーマの社長。最近、『世界で通用するリーダーシップ』(東洋経済新報社)という本も出版され、注目される経営者のひとりです。

[今週のシナ]

 ドッグフードを食べるシナです。本当は犬用のお菓子が欲しいのですが、1日に与える量を決めているので、しようがなくドッグフードをほうばっています。
でも、日曜は特別。私が家にいる唯一の日なので、盛んにお菓子を要求します。私に甘えれば、お菓子をくれると知っています。私も「鬼」になれずに、大好きな犬用チーズやクッキーを与えることに・・・。家族の冷たい視線を感じています(汗)・・・。