Isao Endo  遠藤 功

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

早稲田大学大学院教授、株式会社ローランド・ベルガー会長を務める遠藤功のプロフィールを紹介します

講演活動についての概要を紹介します

『現場力を鍛える』『見える化』など、遠藤功の書籍を紹介します

各種メディア、各種媒体での掲載とその概要を紹介します

一流のビジネスパーソンを目指す人のための総合型ビジネススクール「カラーズ・ビジネス・カレッジ」を紹介します

「現場学」を研究し、強い現場づくりを目指す遠藤研究室を紹介します

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

連載コラム「現場通信」

Weekly現場通信 vol.198 学習する日々

[2014-03-03]

 普段の私の活動は、授業や講演、研修、執筆など「Output」することがメインです。もちろん、「Output」することによって少しでもお役に立ち、報酬をいただくこともできるのですが、良質な「Output」を続けるためには、良質な「Input」が不可欠です。
 私にとっての「Input」とは、様々な企業の現場を訪ねたり、色々な人たちとお会いすることです。時間的に見れば、「Output」が8割、「Input」はせいぜい2割程度でしょう。でも、この2割がなければ、私の活動は成り立ちません。
 先週はまさに「Input」の週でした。新たな発見や出会いの多い充実の1週間でした。
月曜はJA全中が主催する「JA活力ある職場づくり全国研究発表会」に参加。3つのJAの職場活性化の取り組みの話を興味深く聞かせていただきました。

 火曜は甲府に出張。内外情勢調査会主催の講演会でお話をさせていただいた後、ラッキー商会というジュエリーを製作・販売している会社を訪ねてきました。
山梨は日本のジュエリー生産の30%以上を占めるジュエリー大国。なかでも、ラッキー商会は北欧風デザインのお洒落な社屋や工場見学者がジュエリーをつくる体験ができる「オープンファクトリー」で人気を博しています。
 木曜は愛知県の大手自動車部品メーカーを訪問。試作の現場や自動化を駆使した最先端の製造ラインを見学させていただきました。「最強の現場力」を目の当たりにし、大いに刺激を受けました。

 そして、金曜は第24回OE研究会を早稲田のリーガロイヤルホテル東京で開催しました。今回のゲストは冒険家の三浦雄一郎さん。
 通常のOE研究会は100名程度の集客ですが、今回は200名を優に超えるほどの人気。遠藤ゼミOB・OG会である功和会の会長・森益哉さんや幹事長の田中良治郎さん、私の秘書である山下裕子さんらの頑張りで大変な盛況でした。
 昨年のエベレスト登頂の様子を撮った迫真のビデオを観た後、三浦さんの講演。さらに、私との対談にもお付き合いいただきました。
 三浦さんの「攻めの姿勢」、常に目標を掲げることの大切さ、そしてどんなに苦境になっても常に前向きでいることの大切さを改めて再認識しました。刺激たっぷりのお話は、ちょっと疲れ気味の参加者の皆さんにとって大きな栄養源となったはずです。
 現場と出会い、人と出会う。多くのことを学習することのできた充実の1週間でした。学んだことを「Output」に反映できるよう頑張らなくては!

[今週の出会い]

 今にも動き出しそうな、本物そっくりのきりぎりす!竹を材料に、丹念につくり込んだ至極の逸品です。
これは愛知県の自動車部品メーカーを訪問した際に、特別にいただいたもの。現場で鍛え上げられた職人技に脱帽です。

[今週のシナ]

 シナが通っているペット病院で、シナの身分証をつくってくれました。性別の欄には、♂(去勢済)と書かれています(笑)。
 そして、持病等の欄には、アレルギー性皮膚炎という記載が。来年書き換える時には、白内障(軽度)、ヘルニアと追記されることでしょう(涙)。