Isao Endo  遠藤 功

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

早稲田大学大学院教授、株式会社ローランド・ベルガー会長を務める遠藤功のプロフィールを紹介します

講演活動についての概要を紹介します

『現場力を鍛える』『見える化』など、遠藤功の書籍を紹介します

各種メディア、各種媒体での掲載とその概要を紹介します

一流のビジネスパーソンを目指す人のための総合型ビジネススクール「カラーズ・ビジネス・カレッジ」を紹介します

「現場学」を研究し、強い現場づくりを目指す遠藤研究室を紹介します

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

連載コラム「現場通信」

Weekly現場通信 vol.202 イントロダクション合宿

[2014-03-31]

 先週も移動の多い慌ただしい1週間でした。月曜は都内の企業で講演。夕方浜松へ移動し、会食。火曜は社外監査役を務めるヤマハ発動機の株主総会に出席。業績も良く、社内に一体感があり、とても良い状況です。それを反映してか、株主総会は1時間ほどで終了。株主の方々にもそうした雰囲気が伝わっているのだと思います。
 水曜は岐阜県中津川市へ移動。私の古巣である三菱電機中津川製作所で講演させていただきました。換気扇や送風機、ジェットタオル、太陽光発電システムなどを生産する老舗の製作所です。古くは扇風機を生産し、それ以来“風の中津川”と呼ばれています。
 正月明けに私と同期入社の鈴木愛司さんから講演の依頼を受けました。彼は以前この製作所の所長を務めていました。喜んでお引き受けし、何十年ぶりに訪ねてきました。
 “EarthE”(アースエ)と命名された素晴らしいショールームと製造現場を見学させてもらったのですが、そのすべてを説明してくれたのは美しき女性ガイドの方。その豊富な知識、流れるような説明に感服しました!
 講演会には150名以上の方々にご参加いただきました。円高が是正されたとはいえ、日本にモノづくりを残すのは容易なことではありません。中津川の現場力にさらに磨きをかけてもらいたいと願っています。

 木曜、金曜は東京で仕事をこなし、土曜は逗子の湘南国際村へ。4月に早稲田大学ビジネススクール(WBS)に入学する夜間主総合プログラム、1年制総合プログラムの新入生を対象にした「イントロダクション合宿」に参加してきました。
 これは入学に先駆けて、ビジネススクールの授業に慣れてもらったり、新入生同士のネットワーキングを目的に例年行っているものです。今回は約100名の新入生たちが集まってくれました。私は夜間主総合のプログラム・コーディネーターとして歓迎の挨拶と記念講演をさせていただきました。
 私が企業派遣で米国のビジネススクールに留学したのは28歳の時でした。今振り返ると、あの2年間は私の人生を変えるとてつもなく大きな出来事でした。
 ビジネススクールへの留学がなければ、転職してコンサルタントになることもビジネススクールの教員になることもなかったでしょう。自分とはまったく異なる価値観や生き方と接し、「自分はこれからどのように生きていくのか?」を真剣に考えたことを覚えています。

 WBSの新入生たちは、日本で今一番入学が難しいと言われている入試を突破してきた精鋭揃い。WBSでの経験が「一皮剥ける」大きなきっかけとなってくれればと願っています。

[今週の出会い]

 先週無事に卒業を迎えた遠藤ゼミの卒業生たちから謝恩会で贈られたアルバムです。タイトルは「現場記録。」
 1年間のゼミのヒストリーが生々しい(?)写真と共に綴られています。論文指導には大いに手こずりましたが、今思えばアッと云う間の1年でした。懐かしい気持ちで読み返しています。

[今週のシナ]

 散歩の後、ソファで爆睡するシナです。春が到来し、ルンルン気分で散歩しています。今のところ、ヘルニアは大丈夫のようです。再発しないことを願っています。