Isao Endo  遠藤 功

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

早稲田大学大学院教授、株式会社ローランド・ベルガー会長を務める遠藤功のプロフィールを紹介します

講演活動についての概要を紹介します

『現場力を鍛える』『見える化』など、遠藤功の書籍を紹介します

各種メディア、各種媒体での掲載とその概要を紹介します

一流のビジネスパーソンを目指す人のための総合型ビジネススクール「カラーズ・ビジネス・カレッジ」を紹介します

「現場学」を研究し、強い現場づくりを目指す遠藤研究室を紹介します

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

連載コラム「現場通信」

Weekly現場通信 vol.206 遠藤塾

[2014-04-28]

 先週も講演や研修で忙しい1週間でした。月曜は仙台へ。七十七銀行主催の講演会でお話をさせていただきました。せっかく東北まで来たので、陸前高田などの被災地を訪問したいところなのですが、なかなか時間がとれません。夏に訪ねたいと思っています。
 火曜は日本郵船グループを対象にした問題解決力ワークショップのファシリテーターを1日務めました。今年が10年目になります。自職場の問題を探して、解決するという実践型研修ですが、そのレベルは確実に上がっています。
 水曜、木曜は東京で様々な仕事をこなし、金曜は神戸へ。ゴム製品の老舗メーカーであるバンドー化学の主要代理店を集めた会合に招かれ、現場力についてお話をさせていただきました。昨年、関西経済同友会の会合でお会いしたバンドー化学の小椋昭夫会長にお声掛けいただきました。
 せっかく神戸に来たのだから少しはのんびりすればよいのですが、そうもいかず、新神戸駅で三宮一貫楼の豚まんやしゅうまいを土産に買い込み、トンボ返りしてきました。

 そして、土曜は早稲田大学ビジネススクールと日経Bizアカデミーのコラボで主催する「MBA Essentials 2014 遠藤塾」が開講しました。4月から7月までの4ヶ月間、毎月1回行われます。
 受講生は33名。主な対象は将来社長やジェネラルマネジャーを目指すミドル層ですが、現役社長から20代の若手まで多様なバックグラウンドの人たちが集まってくれました。
 第1回目のテーマは「ビジョン力を鍛える」。企業はビジョンからスタートします。個人の思い、夢、志がすべての出発点です。ビジョンの重要性は誰もが認識しますが、それでは「あなたのビジョンとは何か?」と問われても明確に答えられなかったり、会社のビジョンと個人のビジョンの折り合いをつけるのに悩んだり、ビジョンを実際に活かすことは容易ではありません。
 今回はゲストとしてマザーハウス社長の山口絵理子さんに来ていただきました。バングラデシュやネパールでバッグなどをつくり、日本、台湾で販売しています。「途上国発のブランドをつくる」をビジョンとして掲げ、着実に成長させています。
 山口さんが今でも店長一人ひとりと2時間も話をして、自分の思いを伝えたり、店長の悩みを聞いたりしているというエピソードは、多くの受講生の胸に響いたようです。いくら素晴らしいビジョンを持っていても、それを伝え、共有する努力をしなければ何の意味もありません。でも、多くの人はそうした努力を怠り、共有、共感をつくれずにいます。ビジョンは共有してこそ意味がある。当り前のことですが、組織マネジメントの基本を再認識することができました。遠藤塾が新たな発見や出会いの場になることを期待しています。

来週はゴールデンウィークなので、「現場通信」をお休みさせていただきます。次回は5月12日(月)の予定です。お楽しみに!

[今週の出会い]

 早稲田大学ビジネススクールの遠藤ゼミの様子です。この時は私の都合で大学を離れ、食事をとりながらのゼミとなりました。ワインを傾けてはいますが、一応まじめにゼミをしています。
 和牛の高級ハンバーガーをみんなで食しましたが、某ハンバーガーチェーン勤務のゼミ長・若村茜さんも満面の笑みでほうばっていました。但し、コメントは「うちのハンバーガーの次に美味しい・・・」でした。愛社精神恐るべしです。

[今週のシナ]

 散歩中のカフェで椅子に座り、おすましのシナです。絶好の散歩シーズンになりました。週末午後の散歩は1時間以上かけてのんびりとシナとの時間を楽しんでいます。