Isao Endo  遠藤 功

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

早稲田大学大学院教授、株式会社ローランド・ベルガー会長を務める遠藤功のプロフィールを紹介します

講演活動についての概要を紹介します

『現場力を鍛える』『見える化』など、遠藤功の書籍を紹介します

各種メディア、各種媒体での掲載とその概要を紹介します

一流のビジネスパーソンを目指す人のための総合型ビジネススクール「カラーズ・ビジネス・カレッジ」を紹介します

「現場学」を研究し、強い現場づくりを目指す遠藤研究室を紹介します

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

連載コラム「現場通信」

Weekly現場通信 vol.231 講演の日々&お手紙

[2014-11-17]

 先々週は社外役員として出席する取締役会が集中した週でしたが、先週は講演が集中する日々でした。月曜から金曜までの5日間で6回の講演。その合間に早稲田大学ビジネススクールが主催する研修の講師も務めたので、相変わらず慌ただしい1週間でした。
 幸いにも、すべて東京都心もしくは近郊で行われたので、移動は少なく、身体的には比較的楽でした。府中、両国、渋谷、池袋、品川、霞が関と都内を駆け巡りました。
 講演に招いていただいた会社はIT企業、建設会社、小売業、金融機関など様々です。しかし、どこも現場を競争力に高めようと努力している企業で、私の拙い話にとても熱心に耳を傾けていただきました。

 空いた時間にオフィスに寄ると、封書や葉書が山積みされていました。『現場論』を謹呈させていただいた皆さんから数多くのお礼のお手紙を頂戴しました。その数は40を超えます。
 ケースとして取り上げたデンソーの加藤宜明社長からは「今回のご著書でご評価いただいたことは弊社として身に余る光栄ですが、何よりも『ダントツ』で頑張っている生産技術、工機部門、製造部門の関係者一同が一番喜んでいると思います」とコメントをいただきました。「縁の下の力持ちの現場にもう一度スポットライトを当てたい」という私の思いを受け止めていただき、感激しました。
 同じくケースとして紹介した良品計画の松井忠三会長からは「それにしても『現場』を取材する力と深耕度は素晴らしいですね。正直驚きました」と過分のご評価をいただきました。「まだまだ力不足、もっともっと頑張らなければ・・・」と思っていますが、こうしたお言葉をいただくと何よりの励みになります。

 書店でもボチボチ売れているようです。昨日(11月16日)の日経新聞の「ビジネス書ランキング」(11月2日~8日)では1位(文教堂書店浜松町店)として紹介されました。本の内容についても紹介されていて、有り難い限りです。
正直、一般受けするような内容の本ではないので、堅実にジワリジワリ売れてくれればと思っています。そして、なによりこの本が少しでも参考になって、強い現場が増えることを願っています。
 明日(18日)開催される出版記念講演会@丸善丸の内本店は、お蔭さまで定員一杯となり、整理券の配布は終了したようです。ご参加予定の皆さん、講演会場でお会いしましょう!

[今週の出会い]

 講演会場だった第一ホテル両国から見たスカイツリーです。あいにくの曇り空でしたが、存在感はタップリ!実は、まだスカイツリーには登っていません。「今年こそは!」と思っていたのですが、越年の宿題になりそうです。

[今週のシナ]

 散歩中にお座りして、固まるシナです。いつも軽快に歩くシナですが、自分が気になる場所があると動かなくなります。好きなのはなぜか教会、花屋さん、パン屋さんなど。そんな時はしばらく抱っこして移動。やれやれです・・・。