Isao Endo  遠藤 功

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

早稲田大学大学院教授、株式会社ローランド・ベルガー会長を務める遠藤功のプロフィールを紹介します

講演活動についての概要を紹介します

『現場力を鍛える』『見える化』など、遠藤功の書籍を紹介します

各種メディア、各種媒体での掲載とその概要を紹介します

一流のビジネスパーソンを目指す人のための総合型ビジネススクール「カラーズ・ビジネス・カレッジ」を紹介します

「現場学」を研究し、強い現場づくりを目指す遠藤研究室を紹介します

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

連載コラム「現場通信」

Weekly現場通信 vol.279 丸の内仲通り

[2015-11-30]

 いよいよ師走を迎えます。慌ただしい日々が続いています。先週は地方出張はなかったのですが、都心もしくはその近郊でうごめいていました。
 月曜は勤労感謝の日で祭日。秩父宮ラグビー場で早慶戦を観戦。最後の最後で早稲田が逆転勝利を収めましたが、内容的には慶應のプレイに見るべきものがありました。両チームともミスを減らさなくては、帝京には太刀打ちできません。
 ラグビー観戦後の夜は、早稲田大学ビジネススクールで夜間主向けの「総合経営」の授業が始まりました。夜7時から10時過ぎまでの3時間。学生たちの「体温」が高いので、アッと言う間に時が経ちます。
 11時間後の火曜朝9時からは、全日制向けの「総合経営」の授業。その後、「ビジネス+IT」の取材を受け、八重洲で講演。
 水曜は午前中、マザーハウスの株主総会に出席。先期の業績、今後の計画についての報告を受けました。来年10周年を迎えるマザーハウス。3年後の「ありたい姿」を目指して、さらに躍動してもらいたいと願っています。その午後は、海浜幕張に移動し、講演。
 木曜は丸の内で取締役会に出席。午後も丸の内で講演でした。そして、翌金曜の午前中も丸の内で取締役会に出席しました。

 日本有数のオフィス街なので、丸の内によく来るのですが、これほど連日丸の内に来ることは珍しいことです。
 私にとって丸の内は思い出の地であり、「原点」でもあります。なかでも、丸の内仲通りを歩くと、色々な記憶が蘇ってきます。
大学を卒業して最初に入社した三菱電機の本社があったのが、仲通り。現在、本社はTOKIAに移転し、丸の内仲通りビルという名称に変わっていますが、若かりし頃の私が何年かを過ごしたのがこの建物でした。
 大学4年の頃、入社面接に何度も通った頃、名古屋での工場勤務を終え、希望を胸に本社転勤を迎えた日、米国留学から戻り意気揚々と仕事に復帰した朝、仕事が思うようにいかず悶々としていた生意気盛りの頃、そして、転職を決断し、10年お世話になった会社を去ることになった日・・・。
 会社を辞めようと決めたのも、仲通りでした。ある日の昼休み、昼食をとりにひとりで有楽町あたりまで歩いていきました。当時の仲通りは今のようにお洒落な通りではありませんでした。
何を食べたのかは憶えていませんが、その帰りがけ、仲通りを歩いている時に、「たった1回の人生。どうなるかは分からないが、組織を飛び出してひとりでやってみよう!」と腹を固めました。
 そこからは迷うことはありませんでした。決めた道を進むのみ!まさに「天からの啓示」でした。
 今でも仲通りを歩くと、当時の自分が蘇ってきます。クリスマスのイルミネーションに彩られた通りを、少し感傷的な気持ちを抱きながら散策しました。

[今週の出会い]

 丸の内MYプラザに飾られているクリスマスツリーです。派手さはありませんが、シンプルでとても綺麗でした。華やかなものも悪くありませんが、クリスマスツリーはシンプルなものの方が映える気がします。

[今週のシナ]

 寒くなってきましたが、シナは元気に散歩に行っています!少し上を見上げるシナ。鼻のあたりの毛がなんともキュートです。