Isao Endo  遠藤 功

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

早稲田大学大学院教授、株式会社ローランド・ベルガー会長を務める遠藤功のプロフィールを紹介します

講演活動についての概要を紹介します

『現場力を鍛える』『見える化』など、遠藤功の書籍を紹介します

各種メディア、各種媒体での掲載とその概要を紹介します

一流のビジネスパーソンを目指す人のための総合型ビジネススクール「カラーズ・ビジネス・カレッジ」を紹介します

「現場学」を研究し、強い現場づくりを目指す遠藤研究室を紹介します

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

連載コラム「現場通信」

Weekly現場通信 vol.283 ご挨拶

[2016-01-04]

 新年明けましておめでとうございます。2016年も「現場通信」をよろしくお願いします。
 2016年の元日も、我が家からご来光を拝むことができました。平穏なよい年になりますようにとお願いをしました。
 今年は私にとって大きな節目になる1年になります。というのは、今年の3月末をもって早稲田大学ビジネススクール教授を退任するからです。
 2006年に当時のアジア太平洋研究科の教授に就任してから早や10年。その前の客員教授時代を含めると12年の長きに亘って、早稲田大学ビジネススクール(WBS)で教鞭を執ってきました。
 丸10年の節目を迎え、遠藤ゼミの卒業生も100名を超えました。寄る齢波には抗えず、夜10時過ぎに終わる夜間の授業やゼミでの論文指導などもしんどくなってきました。ちょうどよい潮時かなと思い、3月末での退任を決めました。
 今後はローランド・ベルガーでの会長職といくつかの会社での社外役員としての仕事を中心にやっていくことになります。
 周りの人たちからは、「もったいない」という声をよく耳にします。早稲田はなんと70歳まで教授として勤めることができます。早稲田大学教授という肩書や70歳までの給与(軽く1億円を超えます!)を考えると、このタイミングで退任するというのは、ありえない選択のように見えるのかもしれません。
 しかし、10年以上に亘りビジネススクールでの社会人教育に携わってきて、ビジネススクールの現在の在り方に疑問を持ち、その限界を感じているのも事実です。
 未来の経営者やビジネスリーダーを育てるためにビジネススクールは存在するわけですが、現在のカリキュラムや教員の陣容で未来の経営者を本当に育てることができるとは信じることができないのです。
 数あるビジネススクールの中において、WBSは最も努力し、最も中身のあるビジネススクールのひとつであることは間違いありません。私のような実務家教員を積極的に採用し、英語プログラムの充実などもその先駆けとして取り組んできました。
 しかし、そのWBSでさえ実際の企業や社会人が求めているニーズには十分に応えられているとは思えません。もちろん、その原因のひとつが自分の非力さにあることも自覚しています。
私はビジネス教育が不要だと言っているのではありません。逆に、ビジネス教育の重要性はますます高まっています。しかし、ビジネススクールという存在、MBAというプログラムは、あまりにも前近代的なものになっている気がしています。
 ビジネススクールは経営に関する様々な理論や知識を「教える」ことはできても、未来の経営者やリーダーを「育てる」ことにはとても不向きです。「教え、育てる」ことができなければ、「教育」とは呼べません。
 「育てる」ためにどうしたらよいのか、自分なりに試行錯誤はしてきました。しかし、実践の場がないというのは、ビジネススクールの致命的欠陥です。
 だからといって、企業内教育だけでよいかと言えば、そうではないでしょう。ビジネススクールと企業がより親密にタッグを組み、新たなカリキュラムを創造し、企業人にも教員になってもらうなど新たな人づくりのプラットフォームへと変身しなければ、ビジネススクールの未来はないでしょう。
 いずれにせよ、私の教員生活は残すところあと3ヶ月。現在開講中の「総合経営」の授業は、夜間主、全日制ともあと3回で終了です。2月の冬学期に「Operation Strategy」という集中講義を開講しますが、これは海外からの留学生向けなので、日本人学生向けの授業はあと3回のみです。自分の伝えたいことを精一杯伝えていきたいと思っています。

[今週の出会い]

 年末年始に飲んだ酒瓶の数々です。イタリアの最高峰サシカイア2012、カリフォルニア・アレクサンダーバレーのシルバーオーク2010、ボルドー・サンジュリアン村のランゴアバルトン1989、獺祭スパークリング、獺祭磨き二割三分、そして森伊蔵・・・。美味しく飲めることに感謝です。

[今週のシナ]

 シナはクリスマス前にトリミングに行き、さっぱりしてきました。頭にはクリスマス仕様の髪飾りをつけてもらいましたが、お正月にもぴったりです。今年もシナとの散歩の時間を楽しみたいと思います!