Isao Endo  遠藤 功

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

早稲田大学大学院教授、株式会社ローランド・ベルガー会長を務める遠藤功のプロフィールを紹介します

講演活動についての概要を紹介します

『現場力を鍛える』『見える化』など、遠藤功の書籍を紹介します

各種メディア、各種媒体での掲載とその概要を紹介します

一流のビジネスパーソンを目指す人のための総合型ビジネススクール「カラーズ・ビジネス・カレッジ」を紹介します

「現場学」を研究し、強い現場づくりを目指す遠藤研究室を紹介します

遠藤功が「現場力」を語るコラムをお届けします

連載コラム「現場通信」

Weekly現場通信 vol.296 お花見屋形船

[2016-04-11]

 先週火曜日、遠藤ゼミを今春卒業したゼミ生たちが謝恩会を開いてくれました。今回は入山ゼミで合同で行い、入山先生にもご参加いただき、総勢12名で楽しいひとときを過ごしました。
 ゼミ生たちが用意してくれたのは、なんと貸し切りのお花見屋形船。越中島の乗船場から乗り込み、隅田川を上り、浅草付近で停泊。たくさんの屋形船が出ていてビックリ!
 花冷えの気温でしたが、幸い雨にも降られず、スカイツリーと満開の桜を満喫しました。揚げたての天ぷらも美味しかった!
 船の中に戻ると、カラオケの出し物が登場。なんと「現場」印の入ったパンツが用意され、それを着て歌って踊るというなんとも遠藤ゼミらしい出し物でした。入山先生や屋形船のスタッフにまでパンツをはかせるという暴挙!
 パンツには入山先生と私が記念のサインをして、学生たちに返却。本や色紙、Tシャツなどにサインをすることはありますが、パンツへのサインはおそらく最初で最後になるでしょう。

 そして、最後にゼミ生たちから素晴らしい記念品をいただきました。それはadidas製上下のジョギングウェア。私がジョギングを始めたのを知っているゼミ生たちの心遣いに感謝です。
 ウェアには「Gemba x Ambidexterity」の文字が刺繍されています。Gembaは言うまでもなく「現場主義」という私のモットー。「Ambidexterity」は確認していませんが、おそらく入山先生、入山ゼミのモットーなのでしょう。「両手きき」という意味です。理論にも実践にも強い人間たれというメッセージなのだと勝手に解釈しています。
 ここ数年、遠藤ゼミの副査を入山先生にお願いし、入山ゼミの副査を私が担当してきました。これはなんとも絶妙なコンビネーションだったようで、ゼミ生たちにとっては大きな刺激、励みになったようです。私にとっては入山ゼミのゼミ生たちも教え子のような感覚を持っています。
 最先端の経営学や経営理論に精通している入山先生は、早稲田大学ビジネススクールの大エースです。理論派の入山先生と実務派の私は一見「水と油」のように見えるかもしれませんが、話をすれば根っこは一緒であることがすぐ分かります。
 二人が大事にしているのは「Fact」。数字であれ、一次情報であれ、そうした事実から現在を読み解き、未来を考えていくという姿勢はまったく同じだと思っています。
事実を知らずに、事実を丹念に知る努力もせずに、へ理屈ばかりこねくり回すから道を危うくするのです。「現場から未来を考える」と私が言い続けているのも、現場こそが「Fact」の塊に他ならないからなのです。
 毎年、ゼミ生たちが謝恩会を開いてくれていましたが、それも今年が最後です。その最後の場として、入山ゼミと合同で素晴らしい時間が持てたことは一生の思い出になりました。ただただ感謝です!

[今週の出会い]

 先週土曜はコープさっぽろの理事会に出席するため、札幌に日帰り出張でした。最近私が千歳空港で買うお土産は、きのとやの焼きたてチーズタルト!行列ができるほどの大人気商品です。
サクッとしたタルトの食感に、濃厚なチーズムースが絶妙!「空港職員が自腹でも買いたいお土産スイーツNo.1」に選ばれた理由が分かります。是非お試しあれ!

[今週のシナ]

 シナはまた腰痛が発症してしまいました・・・。クリニックで注射を打ってもらい、薬を飲んで安静状態です。痛いのか一日おとなしくしています。早くよくなることを祈るばかりです・・・。